Scuola internazionale delle Arti e della Cultura italiana

建築におけるアイデンティティとイノベーション

建築におけるアイデンティティとイノベーション

フィレンツェ、2018年1月29日- 2月22日

プログラム: 建築におけるアイデンティティとイノベーション
Corso: 遺産と修復
教師: Fabrizio Rossi Prodi先生, フィレンツェ大学
Cesar Barros先生, Guararapes大学
Tommaso Rafanelli先生, フィレンツェ大学

アカデミアエウロペアディフィレンツェ 教師と Faculdade dos Guararapes大学&nbspが共同制作したプログラムです。;ブラジルとイタリアの建築文化を比較するユニークな方法で修復と改革をテーマにした授業です。

このプログラムはコーパスと理論の授業、実践例、プロジェクト演習を統合したものです。 un イタリアの空間性の特異性を鑑賞した後、第2次世界大戦から現在までの建築文化に関する複雑な議論を展開します。土地の同一性の価値と計画における彼らの役割の意識を高めることを最終目標とします。

講演後、生徒は教師が示すプロジェクトの開発を行います。プログラムでは選択したサイトや他の関心のある場所への訪問が含まれます。  15時間 del Rossi Prodi先生による授業15 時間 del Barros先生による授業40時間の実技 スーパーバイザー Rafanelli先生.

  • Gurarapes1
  • Gurarapes2
  • Gurarapes3
  • Gurarapes4
  • Gurarapes5
  • Guararapes6
  • Guararapes7
  • Guararapes8
  • Guararapes9
  • Guararapes10

loghi x pagina joint

 


   Cookie policy    Privacy policy